Gusseisenkanne, Kazahana

Artikel-Nr.: 4290024

Auf Lager
Lieferzeit: 2-5 Werktage

870,00
Preis inkl. MwSt., zzgl. Versand
Versandgewicht: 2.000 g


Gusseisenkanne, Tetsubin, Kazahana

 

Traditionell wurden in Japan zum Erhitzen von Wasser Wasserkessel aus Gusseisen hergestellt. Diese Tetsubin sind also dafür gedacht, Wasser zu kochen, hauptsächlich für die Tee-Zubereitung.

Durch diesen Kessel wird die Temperatur des Wassers relativ konstant gehalten bzw. kühlt nur langsam ab; somit hat das Wasser die richtige Temperatur für die folgenden Aufgüsse des Tees.

 

Der Gusseisenkessel trägt den Namen "Schnee im Wind". Die zart angedeuteten Schneeflocken, die im Wind treiben, sind tief verwurzelt in der japanischen Tradition, Teetrinken und Poesie zu verbinden. Das einfache Design passt zu jeder Art von Raum und Anlass.

Größe: 13,8cm (Durchmesser) × 22,7 cm (Höhe)
Fassungsvermögen: 1,1 L
Gewicht: 1,4 kg

 

鈴木盛久工房 風花鉄瓶

 

雪が舞う様を紋様として表現された、おしゃれでかわいい南部鉄瓶。
初めての鉄瓶・鉄瓶デビューにもおすすめです。

南部鉄瓶の鋳造技法には、一つひとつ手作りした土型を高温で焼き固めた「焼型」によるものと、水と凝固剤を混ぜた砂を機械でプレスして製作した「生型」によるものの2種類あります。
 
「生型鋳造法」は、低コストで安価な商品を大量生産することが可能ですが、表面が荒く、厚みがあるので重たくなる、という特徴があります。
この現代的な鋳造方法によって製作された鉄瓶は、「生型鉄瓶」と呼ばれ、区別されます。

一方、「焼型鋳造法」は、古来からの伝統的な製作技法であり、高度な技術はもちろん、多くの知識や経験が必要とされる技法です。
きめの細かい真土型に、一つひとつ手作業によって描かれる美しい文様や繊細な鋳肌は、「焼型」ならでは。
熟練の職人によって鋳込まれる鉄瓶は、最適な厚みを持ち、必要以上に重たくなりません。
そして、全てが手作業ゆえ、同じ型の鉄瓶でも、それぞれにわずかに異なる表情を見せてくれます。
この技法によって作られる鉄瓶は、「焼型鉄瓶」と呼ばれ、区別されます。
 
南部鉄器の歴史そのものとも言える”鈴木盛久工房”の南部鉄瓶は、すべて「焼型鋳造法」によるもの。
製作には一切の妥協を許さず、多くの手間と時間を掛けながら、一つひとつ丁寧に作られています

 

サイズ : 22,7 × 13.8cm
底径 : 9.5cm
重さ : 1400g
容量 : 1.1ℓ
鉉 : 無垢鉉
口造り : 輪口
素材 : 鉄
着色 : 錆色仕上げ
生産地 : 岩手県

 

App

.

Weitere Produktinformationen

Herkunft Japan
Spülmaschinengeeignet Nein

Zu diesem Produkt empfehlen wir

Das Buch zur Handwerkskunst in Japan
Handwerkskunst in Japan
24,95 *
Versandgewicht: 1.200 g
*
Preise inkl. MwSt., zzgl. Versand

Auch diese Kategorien durchsuchen: Teekannen, Japan, Tetsubin - Gusseisenkannen